「地域ものがたるアンバサダー ~美食地質学×第2のふるさとを巡る旅~」では、県外出身者がアンバサダー(大使)として(富山県・福井県・鳥取県)各地域を巡り、それぞれの魅力を体感していただき、豊かな地質と、そこに暮らす人々との交流を深め、発信していく活動になります。

IMATOは富山湾エリア10月~11月に『水先案内人』として参加します。
『水先案内人』は食文化や里山、地酒などの魅力を体感してもらうお手伝いをして地域への愛着を深めてもらう活動になります。
初めてのことなのですがアンバサダー(大使)の方とお会いできることを楽しみにしています。

アンバサダー(大使)公募期間は2022年5月17日(火)~2022年5月31日(火)になりますので、第2のふるさと的な「ただいま」と言える地域が欲しい方、各地域を巡り美味しいもの、それを生んできた地域固有の文化、地球の歴史等に興味のある方は参加してみて下さい。一緒に地域を盛り上げましょう。

 

 

 


第9回目の今回は、IMATOの真だこの干物を使った「タコ飯」になります。ご飯を炊く時に一緒にいれるだけと簡単なので忙しい時にもおススメです。では作り方を見ていきましょう♪

 

材料

真だこの干物(大)1つ

米        3合

お刺身ぽん酢   少量

 

作り方

①お米を研ぎます。

②真だこの干物を細かく刻みます。

②刻んだ真だこの干物とお刺身ぽん酢を入れてご飯を炊きます。

 

お味は

タコの食感はアクセントになり、塩気は薄く、味わうと旨味を感じれます。
お好みで仕上げに追いぽん酢で調整可能です。
具材(油揚、にんじん等)も入れて炊くなどアレンジもいいですね。

 

関連商品

お刺身ぽん

石川県産くろえび(ガメ海老)200g (殻付き)冷凍鮮魚が新発売しました。
頭は濃厚な旨味の塊で、殻ごと美味しく食べることができます。殻は柔らかいので、唐揚げ、塩焼き、海老煮等に調理するのがおススメです。 焼き物用で生で召し上がることはできません。


ご予約は、店舗またはオンラインショップにて承ります。

石川県産くろえび(ガメ海老)200g (殻付き)冷凍鮮魚が新発売しました。
頭は濃厚な旨味の塊で、殻ごと美味しく食べることができます。殻は柔らかいので、唐揚げ、塩焼き、海老煮等に調理するのがおススメです。
焼き物用で生で召し上がることはできません。

ご予約は、店舗またはオンラインショップにて承ります。

ミシュラン北陸2つ星の「御料理 ふじ居」様とIMATOのコラボ商品【紅ズワイガニのかにめしセット】がお取り寄せ料亭「とみやま」に掲載されました。


「御料理 ふじ居」の店主藤井氏がIMATOで開発された「越の干蟹®」に合うよう専用出汁を開発され、こだわりの富山県産コシヒカリを使用した商品になっております。
自宅にいながらもミシュランを獲得したお店の味が愉しめる、お取り寄せ料亭「とみやま」でしか味わえない究極のかに飯セットです。
販売はお取り寄せ料亭「とみやま」のみとなっております。
是非ご覧になって下さい。


4月から白エビ漁が解禁される時期となりました。

この度IMATOでは新商品として富山湾産【IMATOのお刺身 しろえび(むき身)】(冷凍鮮魚)をご用意しております。今が旬の「白えび」、IMATOの「白えび」商品は日持ちしますのでお土産にもいかがでしょうか。

生の白エビは、淡白ですが上品な甘みととろけるような食感が特徴で、一番美味しいと食べ方だと言われています。

食べ方・調理法
生食(刺身、昆布締め、お寿司、サラダ、カルパッチョ)
解凍後そのままお刺身としてお召し上がりいただけます。
好みの食べ方を見つけてみてください。

その他、白えびの殻付きの商品【富山湾産 白えび(殻付き)】もご用意しております。

ご予約は、店舗またはオンラインショップにて承ります。


第8回目の今回は、IMATOスタッフが「するめいか(鮮魚)」のアレンジレシピを作ってくれました。砂糖ではなく、腸に優しい甘酒の甘味を調味料に加え「するめいかの和え物」になります。では作り方を見ていきましょう♪

 

材料(3~4人分)

するめいか(鮮魚)     1杯

すりおろしたしょうが  1かけ分

甘酒(ノンアルコール) 大さじ1

醤油          大さじ1

 

作り方

①するめいかは、内臓を取り除き7〜8ミリの輪切りにする。耳、脚は食べやすい大きさに切る。

②沸騰したお湯に①を入れ、色が変わる程度に茹でたらザルに取り水気を切る。

③ボウルに③を移し、醤油、甘酒、しょうがを入れ、よく混ぜ合わせる。

④味が馴染むまで冷蔵庫で1時間ほど冷やす。

 

関連商品

1回の購入時に1箱まで。【IMATOの鮮魚便1回のみ】
毎月富山湾の新鮮なお魚を。現役漁師が選ぶ鮮魚定期便始めました。

2022年2月3日、【東海水産 移動販売】について北日本新聞さんに取材していただきました。
移動販売を新事業として、新湊の新鮮な鮮魚をご家庭に運びます。
ご用命お問い合わせは、0766-82-2226 まで。

2022年1月20日、【万葉®氷魚】について北日本新聞、読売新聞、北陸中日新聞、富山新聞、チューリップTVさんに取材していただきました
今年度分の【万葉 ® 氷魚】は完売いたしました。たくさんのお客様にお買い求めいただき、心よりお礼申し上げます。

【万葉氷魚 ー富山産の鮎の稚魚】
IMATOの冷凍鮮魚「万葉®氷魚」。体調2-3センチほどの新鮮なアユの稚魚を、冷凍した商品です。富山県ではIMATOだけの販売です。
2022年は1月20日入荷分のみ、100セット限定販売。

アユが好きな方には、是非オススメです。稚魚にもかかわらず、天然鮎のようなアユの独特の香り、ほのかな苦みが感じられます。酢の物や天ぷらなど、料理のバリエーションも、工夫次第で色々広がります。
今しか味わえない冬の鮎の香りを皆様にご堪能いただけるよう努めています。